5

2009 3 04

鳥取労働局、県商工労働部長と懇談

投稿: 分類: 活動日誌

鳥取労働局、県商工労働部長と懇談

派遣労働者の直接雇用を

0902roudoukyoku.jpg

日本共産党鳥取県委員会の岩永なおゆき書記長(衆院比例中国・鳥取1区候補)、市谷知子、錦織陽子の両県議、田中克美常任委員、水津岩男東・中部地区委員長は二月二十四日、鳥取労働局の橋本太職業安定部長、鳥取県の門前浩司商工労働部長とそれぞれ懇談しました。

岩永氏は、「しんぶん赤旗」二月号外を示し、偽装請負期間や違法クーリング期間が派遣期間に含まれることが明白になったとのべ、派遣労働者からの申告に適正に対処するよう求めました。

橋本部長は、十分承知しているとして「労働者側から申告があっても、派遣先企業が認めない場合は調査に時間がかかる。現在の正規雇用も切るような雇用情勢の元では中小企業も苦しいので、直接雇用しても短期間になる可能性が強い。中小企業の雇用調整助成金の利用を促進したい」とのべました。

県庁の派遣労働者の問題が話題となり、橋本部長は「県庁は直接雇用してほしい」と要望しました。

商工労働部では、三洋電機CE存続問題が話題となりました。

岩永氏は「三洋の鳥取県経済に占める割合は製造業の二割りと大きく、存続を強く求める。パナソニックには鳥取の地で雇用を守る社会的責任を果たしてほしい」と要望しました。

連想分類語

10年2月議会 10年9月議会 10年11月議会 11年6月議会 blog ICT PDF TPP とりネット コメント シンポジウム パワハラ ルール 三洋 予算要望 人権 判決 医療 厚生労働省 原発 参議院 国会 奨学金 委員会 安保 小池参議院議員 平和 後期高齢者医療制度 政務調査費 政治と金 林業 森林 沖縄 消費税 盲学校 肥料 育児 衆議院 討論 議会 議会改革 農協 農業 選挙制度 雇用

コメント大歓迎

Trackback URI | Comments RSS

コメントをどうぞ

新年度まで、あと74日