12

2008 7 13

医師確保について

投稿: 分類: 活動日誌

千葉県の県立東 金病院を視察して帰ってきた次の日(10日)、男性の方が事務所によって話していかれました。

「医者が足らん というけど、研修制度が変わって、みんな都会の大学のほうにいって最先端のことを勉強したいらしい。鳥取には残らんで。医者不足は解消せんで」というので す。

視察先では違っ ていました。「若い人はそうではないらしい。奨学金の保障だけではなく地方で、郷土で地域医療を担ってほしいという先輩や地域の取り組みがあれば残ってく れているそうですよ」と話す。

そんな話を聞いた夜、クローズアップ現代に同じような事例が報道されていました。北海道の砂川市立病院で「どうぞ研修にきてください」と いう条件づくりをすると喜んできてくれるのだそうです。研修生がいまやどんどんふえて、砂川市近辺の病院にも配置できるほどになっているとか。十分相談に のってもらえる体制があること、そこで医師として成長できた、患者に喜ばれた、そういう実感を持てることが今いちばん大切ですね

連想分類語

10年2月議会 10年9月議会 10年11月議会 11年6月議会 blog ICT PDF TPP とりネット コメント シンポジウム パワハラ ルール 三洋 予算要望 人権 判決 医療 厚生労働省 原発 参議院 国会 奨学金 委員会 安保 小池参議院議員 平和 後期高齢者医療制度 政務調査費 政治と金 林業 森林 沖縄 消費税 盲学校 肥料 育児 衆議院 討論 議会 議会改革 農協 農業 選挙制度 雇用

コメント大歓迎

Trackback URI | Comments RSS

コメントをどうぞ