P1010602

2008 4 23

盲学校人権侵害問題どうなる

投稿: 分類: 活動日誌

4月21日、教育民生常任委員会にて

市谷県議が相談にのっていた盲学校人権侵害問題。当事者が弁護士会に人権救済申し立てをしました。これについては弁護士会による勧告がでます。この勧告は強制力はありませんが一定の社会的影響力があるものになります。

こういう問題が、信頼関係にもとづいて改善されないとき、どこにいったらいいのかわからないというのが現状だ。教育委員会はどう考えるか。生徒の声を聞く。スクールカウンセラーをおく。人権局と相談して相談して窓口を置く。などの対策が考えられるとのべました。

新しい教科書が今年は選定されます。6月には2次答申が出され、8月には決定されます。沖縄集団自決に軍の関与がなかったかのような表現がされて大問題になりました。みなさんが関心を持ってチェックしていきましょう。

いっせい学力テストが22日実施されました。市谷県議は反対を表明しました。5年生の春休みは宿題に追われて子供たちはたいへん。こんな実態を教育委員会はわかっているのでしょうか。

連想分類語

10年2月議会 10年9月議会 10年11月議会 11年6月議会 blog ICT PDF TPP とりネット コメント シンポジウム パワハラ ルール 三洋 予算要望 人権 判決 医療 厚生労働省 原発 参議院 国会 奨学金 委員会 安保 小池参議院議員 平和 後期高齢者医療制度 政務調査費 政治と金 林業 森林 沖縄 消費税 盲学校 肥料 育児 衆議院 討論 議会 議会改革 農協 農業 選挙制度 雇用

コメント大歓迎

Trackback URI | Comments RSS

コメントをどうぞ

新年度まで、あと39日