14

記事分類: '県議会発言'

2013 12 18

鳥取県議会 2013年11月議会 決算審査反対討論

鳥取県議会 2013年11月議会で日本共産党県議団は「決算審査反対討論」を行いました。原稿を掲載します。

コメント大歓迎

2013 12 17

鳥取県議会 2013年11月議会 日本共産党県議団の討論原稿

鳥取県議会2013年11月議会で日本共産党県議団が行った討論原稿を掲載します。

これ以外に、「決算審査反対討論」を行っています。掲載準備でき次第、別記事としてUP予定です。

コメント大歓迎

2011 6 23

6月議会討論原稿

2011年鳥取県議会6月定例会で、日本共産党議員団がおこなった議案討論原稿を掲載します。

コメント大歓迎

2010 3 19

少数会派提出「議員報酬カット条例」提案説明

県議会共産党(2人)、公明党(2人)、「えがりて」(1人)の5人で、議員報酬のカット条例の改正案を提出しました。

私たちが議員になってから議員報酬は時限的に5%カットされていますが、この間不況の中で、県職員や知事などの給与がカットされ続けています。私たちは単純に県職員や知事の議員の給与(報酬)を下げればいいと思っているわけではないですが、一方で下げられているのに、議員だけ「そのまま」というわけにはいきません。職員や知事に合わせてカット率を上げるべきだと修正案を出しました。

ところが、その他県議会自民党、自由民主、民主系会派「絆」は、カット率はそのままでいいといいます。それはそれで考えがあるのでしょう。それなら、「互いの提案説明をさせてください」と、私たちが議運で提案しました。ところが、その必要はないと却下。

議場でも、「説明をさせてほしい」と求めましたが、否決。「説明させない」とは、何か後ろめたいことでもあるのでしょうか?

そこで、「ヤミに葬り去られてしまった」私たちの提案説明(今回公明党の銀杏議員が書いてくださいました。)を、掲載しておきたいと思います。

>> 議員提出議案「鳥取県議会議意の報酬及び期末手当の額の特例に関する条例の一部を改正する条例」について、提案者の少 数会派5名代表して提案理由の説明

コメント大歓迎

2010 3 18

2月県議会討論

昨日閉会した2月県議会の討論原稿をアップします。また県議会インターネット放送でも視聴できます。ご覧いただき、ご意見ください。

コメント大歓迎

2010 3 12

2月定例会一般質問

2月定例会の一般質問が終わりました。質問の様子は、

鳥取県議会のホームページで、しばらくの間、インターネット

放送されていますので、ご覧ください。

ご意見・ご要望がありましたら、お寄せください。 >> メール

コメント大歓迎

2010 3 02

2月補正予算に対する質疑

2月補正予算に対する質疑をしました。錦織さんは、県有施設の清掃業務の低い入札価格、障害者雇用、理科の授業の支援体制の3つ。は、県の危機管理体制、消費者相談員の処遇改善、介護職員の処遇改善についてです。(質疑の様子は、鳥取県議会ホームページでネット放送されていますので、よかったら、ご覧ください)

この2月議会は、2月補正予算の質疑と議決、たっぷりある22年度当初予算の審議、そして一般質問と、議題もすることもたくさんで、頭の中はいっぱいです。

でも、議員である私たちの審議で、大切な県民の税金の1年間の使い方が決まるのですから、気を抜いてはいけません。県民のためにならないことはちゃんと主張し、反対すること。いいことはもっとすすめること。このメリハリある態度で臨みたい。

私たち県議会議員は、60万(今ちょっと少ないですが)県民の付託をうけているのですから・・・。

とりネット 録画中継 >> 日本共産党県議団 発言と答弁 議案第21号 平成21年度鳥取県一般会計補正予算 (2カ月程度視聴できます)
>> 錦織議員
>> 市谷議員

コメント大歓迎

2010 2 19

1月臨時県議会 討論

鳥取県議会 1月臨時議会での討論を掲載します。

>> 鳥取県議会 2010 年 1 月臨時議会討論 日本共産党議員団 2010 年1月 29 日 PDF144KB

コメント大歓迎

連想分類語

10年2月議会 10年9月議会 10年11月議会 11年6月議会 blog ICT PDF TPP とりネット コメント シンポジウム パワハラ ルール 三洋 予算要望 人権 判決 医療 厚生労働省 原発 参議院 国会 奨学金 委員会 安保 小池参議院議員 平和 後期高齢者医療制度 政務調査費 政治と金 林業 森林 沖縄 消費税 盲学校 肥料 育児 衆議院 討論 議会 議会改革 農協 農業 選挙制度 雇用